産業カウンセラーになるには

産業カウンセラーになるには

産業カウンセラーが必要とされる理由

現代の日本社会は、とても厳しい経済状況が続いています。

 

そして、多くの企業では終身雇用や年功序列の見直し、
急激なOA化の推進、派遣社員やパート・アルバイトの増加、
中途採用の増加、外国人労働者の増加など、
働く人の環境も激しく変化しています。

 

そのような中、職場での人間関係、
仕事に対するやりがいに関する悩み、不安など、
精神的に多くのストレスを抱え、
悩んだり、苦しんでいる人がたくさんいます。

 

そこで活躍するのが「産業カウンセラー」や心理カウンセラーです。

 

企業も、大切な「従業員」という財産を守るべく、
従業員一人ひとりの精神面での健康に注目し、
産業カウンセラーの活躍に期待しています。

産業カウンセラーの仕事

産業カウンセラーは、企業の大切な財産である従業員を
精神的にバックアップするという役割を担います。

 

産業カウンセラーの仕事には、
個人面接をして臨床的なカウンセリングをしたり、
グループや家族の面接、心理検査、
管理監督者に対する研修を行う啓蒙活動、
リサーチ活動など、いろいろあります。

 

そして、産業カウンセラーが行う仕事の領域を
大きく分けると、「相談活動」、「キャリアカウンセリング」、
「能力開発」に分けることができます。

 

(1) 相談活動

 

カウンセラーが行う相談活動には、
「従業員個人が、より快適に仕事をすることができるようにする」、
「精神的に調子が悪くなってしまった人に専門的に対応する」
という目的があります。

 

産業カウンセラーが相談を受ける内容としては、
出社拒否、ストレス、金銭トラブル、離婚等の家庭問題、親の介護、
セクシャルハラスメントなどが多いようです。

 

そのような問題を抱えている人に対し、
産業カウンセラーは、従業員の一人ひとりが、
より快適に仕事をすることができるようにするために、
その解決や自己実現を支援するためのカウンセリングを行います。

 

精神的に調子が悪くなってしまったという人に対しては、
その人個人のためにも、企業のためにもなうような形で
問題を解決していくことができるよう、
両者を見据えた形で関わっていきます。

 

(2) キャリアカウンセリング

 

カウンセラーが行うキャリアカウンセリングには、
人生設計、単身赴任や転勤に伴う家族の問題、
配置転換などで起きてくるさまざまな問題に対し、
その環境にいかに適応していくか、
自分自身がいかに成長していくかを
メンタル的にサポートするという目的があります。

 

相談者本人の適正や自己理解を重視し、
さまざまな情報収集を行う等して、
生涯設計プログラムなども活用しながら、
従業員一人ひとりの新たなキャリアプランを考え、
提案していきます。

 

(3) 能力開発

 

カウンセラーが行う能力開発では、
組織内における人間関係、職場に伴う能力や自己決定能力を
改善し、開発していくという目的があります。

 

企業の管理者や従業員に対し、
カウンセラーが持っている専門的知識に基づき、
教育や研修を行います。

ホーム RSS購読 サイトマップ