産業カウンセラーになるには

産業カウンセラーの将来性

産業カウンセラーの将来性

日本の産業発展においては、
終身雇用制や年功序列制などが
大きな役割を果たしてきました。

 

しかし、近年は、女性の社会進出、
若者を中心とした離退職など、産業界は大きく変化しています。

 

企業としては、従業員は「宝」です。

 

その宝である従業員が、
職場や仕事に対して不適応を起こすなどの場合、
企業は、適切に対処していくことが必要です。

 

職場や個人の能力を健全化させ、
活性化させる方法を考えていかなければなりません。

 

そのような中、産業カウンセラーのニーズは高まっていきます。

 

求められるのは、カウンセラーの能力を持ちながら、
企業の要請にこたえられる活動ができる産業カウンセラーです。

 

今までは、カウンセリングに対して抵抗がある
年代の人が多かったということもあり、
アメリカのようにカウンセリングを受けるという人は
多くありませんでした。

 

しかし、最近の若い世代の人たちは、
カウンセリングに対してあまり抵抗なく
カウンセリングを利用すると考えられます。

 

となると、ますます、カウンセラーのニーズは高くなるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ